モロッコ旅行記⑤【2月26日〜27日】

IMG_4834
この日は写真撮らなかったんで、シャウエンの猫をどうぞ。

寒さで目が覚めた。前回宿泊したホステルに戻ってきたら、オーバーブッキングで部屋がないから共用スペースに泊まって欲しいと言う。

すでに2泊して従業員とも仲良くなってるし、遅い時間に宿探しもしたくないので、もちろんいいよってことでリビングに泊まったんだけど、自前の大判ストールを追加の掛け布団として被ってもやはり寒かった。
陽のあたるテラスの方が暖かいだろう思いテラスに登ると、太陽が1日の始まりを祝福するかのように目下に広がる土色の街をオレンジに照らしていて、体が芯から温まるのを感じた。
少し日本に電話をして、テラスでリラックスしてると「日本人ですか?」と女性の声が。
そういえばこの国で日本人と話すの初めてだなあとか考えながら、少し情報交換をして別れる。
仕事で長めの休みが取れたらしく、一人で日本から飛んできたらしい。
オレはまだ男だからいいけど、女性一人でバックパッカーかっこいいなあ。
部屋に戻ると、ベッドの上に置き土産のオレンジやホッカイロが置かれていた。
かっこいいなあ。(しほさんありがとう!マジで助かりました。)
マラケシュからのサハラ砂漠ツアーに参加するために、今日は一日移動。
4日前に乗った電車にまた乗り、8時間かけてマラケシュまで戻る。
あえて本もイヤホンも持って来なかったから、ただひたすら車窓を眺めて、日本の友達に送るポストカードを書いて、ぼーっとする。なんと贅沢な時間の使い方だろうか。
IMG_4613
モロッコの車窓から。窓が汚いのはご愛嬌。
列車が半分以上の距離を来たところで一気に乗客が入れ替わり、オレが座っていた向かい合う3人掛けのボックスシートは、同世代くらいの女子集団5人&俺という構図になった。少し居心地の悪さを感じていたんだけど、これがこの旅のハイライトなる。
彼女達がアラビア語楽しく会話している横で、景色を眺めたりポストカードを書いたりしていると、いきなり ”Where are you from?” の声が。手にはサランラップに包まれたお菓子を持ってる。そして間髪入れずに“Eat Eat”、一緒に食べようと。
列車の長距離移動に備えて家で作ってきたらしいお菓子を分けてくれたのだ。
そのときの衝撃と嬉しさと、少しの恥ずかしさ、感動と喜びと一抹の寂しさを表現する言葉をを、まだ俺は見つけられずにいる。
自分たちとは幾分顔の作りが違うアジア人が珍しかっただけかもしれないし、偶然オレの隣に座った子がスーパーフレンドリーなだけだったかもしれない。
しかし、自分なら出来るだろうか?偶然列車で隣り合った、無精ヒゲを生やした自分とは肌の色もバックグラウンドも違う旅人に、なんの屈託もなくお菓子を分け与えることが。
お互いのことを英語で話して、(この国の第二言語はフランス語なので、彼女たちの英語は俺と同じくらい拙かった)、終着駅で別れた。
本当に、心の底から嬉しかった。宮沢賢治の詩を思い出した。
“もうけつしてさびしくはない
なんべんさびしくないと言ったとこで
またさびしくなるのはきまってる
けれどもここはこれでいいのだ
すべてさびしさと悲傷を焚いて
ひとは透明な軌道をすすむ”
春と修羅の一節(小岩井農場 パート9)
彼女たちにまた会うことは、悲しいかな2度とないだろう。インスタでもFacebookでも交換すればよかったのかも。でもここは、これでいいのだ。写真も撮ってない。きっと少しずつ彼女たちの顔も忘れてしまうと思う。でも、それでも、これからモロッコを思い出す度に、どこかでスパイスの匂いを嗅ぐ度に、クスクスを、タジン鍋を食べるときに、彼女たちのことも思い出すだろう。
北アフリカの王国に暮らす、旅人に優しい女性たちのことを。
*明日でモロッコ旅行記おしまい!サハラ砂漠行きます!最後までよろしくお願いします。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s