week 5(選ばれざる道)

どもどもー、仲良かったコロンビアの子が国に帰ってしまい、今現在めちゃくちゃ寂しく感じている僕ですが、日本の皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

もうね、昨日の午後(土曜日の午後)見送ったんですけど、皆さんの想像する100倍くらい寂しくて、そのあと図書館に行っても全然勉強に集中出来ませんでした(笑)

明日提出のアセスメントがまだ終わってないなかこのブログを書いているので、今日は短めにちらっとその話を。(笑)

彼女が僕の住むフラットに来たのは先週で、なんか大学に招かれて1週間だけ下見的なのに来たらしいです。

キッチンでプロテイン飲んだ帰りに偶然廊下で初めて会って少し話したのですが、そのときに、僕がアンドレス・セペダというコロンビア人歌手のファンだと伝えると、「えー!?まじで!?なんでアンドレス知ってんの!?私も大ファン!!」って感じに意気投合しました。

そっから毎朝一緒に朝ごはん食べたりスペイン語教えてもらったり色々しまして。

帰国前日の金曜日、最後に中心街のラテンパーティーに行ったあと、歩いて寮に帰っていたのですが夜中にも関わらずストリートミュージシャン集団がいて、そのときは演奏してなかったので、「俺たちに一曲歌ってくれない?」と頼んだら喜んで歌ってくれたりして、まるで映画みたいな夜でした。

で、その後歩きながらめっちゃ熱く語ったんですけど、この子すごく意識高いんですよ。

どうやらイギリスに招待されたのも何かのテストでコロンビアで一番を取ったかららしく、彼女の学校からは過去に合格者すら出てないらしいです。

それもあって、テストを受験したのも学校で彼女一人、教師からのサポートもあまり受けられず、家族と色々情報を集めて、孤独に勉強してたらしいです。

その話をしながら彼女が引用した詩が

アメリカの詩人ロバートフロストの

The Road Not Take”『選ばれざる道』

Two roads diverged in a yellow wood,
And sorry I could not travel both
And be one traveler, long I stood
And looked down one as far as I could
To where it bent in the undergrowth;

Then took the other, as just as fair,
And having perhaps the better claim,
Because it was grassy and wanted wear;
Though as for that the passing there
Had worn them really about the same,

And both that morning equally lay
In leaves no step had trodden black.
Oh, I kept the first for another day!
Yet knowing how way leads on to way,
I doubted if I should ever come back.

I shall be telling this with a sigh

Somewhere ages and ages hence:
Two roads diverged in a wood, and I—
I took the one less traveled by,
And that has made all the difference

夕焼けに染まった森の中で、道が二手に分かれていた
残念ながら、両方の道を選ぶことはできない
私はどちらを選ぶか長く考え、片方の道に目をやった
その道は、多くの人が通り、整備されていた道だった
それから、もう一方の道に目をやった
そっちは誰も通らない道で、草が生い茂っている
私にはそっちの道のほうが、とても魅力的に見え、その道を歩き始めた
わたしは自分の歩む道は、自分が作らなければならないと思ったから
あの日、私は自分自身の道を選ばなければならなかった
あっちの道はまたの機会にしよう、と思ったが、二度とこの場所に戻ってこないことを、私は知っていた
私はいま、昔のことを思い出し、ため息をついた
ずっと昔、森の中で道が二手に分かれていた
そして私は、人が通らない道を選んだ
その道のりは、想像を超えるほど大変なものだった
しかしそのことが、どれほど私の人生を刺激的で、おもしろいものにしてくれたことか

(全文Wikipediaから https://ja.wikipedia.org/wiki/ロバート・フロスト)

 

アツい。アツすぎる。

「だから、大河も一人で頑張らなくちゃならないとき、孤独を感じたりするかもしれないけど、頑張ってね!」と。

いやもうこんなん反則やん。100%惚れるでしょ。

雨の中タクシー見送るときまじで泣きそうになったのですが、なんとか我慢してお別れ(笑)

お土産にあげられるようなものはあいにく何も持っていなかったのですが、いつしか彼女が、旅の思い出のブレスレットや指輪のついた僕の手をみて「私はそういうの持ってないから羨ましいなあ」と言っていたのを思い出して、4つセットで右手首につけていたブレスレットを一つプレゼントしました。

しばらくは会えない、もしかしたら今回の人生ではもう会えない可能性も十分にあるけど、出会えてよかったなーと本当に思います。一緒にいたのは1週間だけだったけど、時間じゃねえなあと。本当にいい刺激もらいました。

いつかまた会えるように、目の前のことを全力で頑張ろう!今週は以上!

あ、Andrés Cepedaまじでいい歌手なのでみなさんも是非チェケラ。

IMG_7278
カミーラ。まじでいい子すぎた。コロンビア引っ越したい。

Week 4(全て捨てる)

どもどもー、日本のみなさん元気ですか。もうこの挨拶にも飽きたんでこれで最後にします。(笑)

今週は色々な新しい人と会ったり、何か新しいことが始まりそうなミーティングがいくつかできて、有意義な1週間になりました。とはいえ新生活にも慣れて、弱さや迷いが出てきたのも事実です。今日はそんな話を。

今回のブログは思ったことを徒然なるままに書き殴るのでいつも以上に読みにくいと思いますがご了承下さい。

正直申し上げますと、今週序盤、僕は少し腐ってきてました。理由はいくつかありまして。

まず、そんなに授業が厳しくないんですよ。たまに分からない単語にも出会いますが、教師は手加減して話してくれてるし、課題もそんなに多くないです。

そして、周りのモチベーションの低さです。海外の大学って結構どこも厳しいイメージだったんで、学生もみんな意識高いのかなと期待していたのですが全くそんなことはなくて、間違いなく僕がクラスで一番勉強してます。まあメディアとかアート系が強いとはいえ大した大学じゃないんで仕方ないですけど。

あとは、金曜日とか土曜日同じ寮のみんなで飲み行ったりクラブ行ったりするんですけど、僕は勉強するために途中でいつもクラブ行く前に帰って来てるんですよ。もちろん勉強集中するためにお酒も一滴も飲んでません。

と、上記の理由から、孤独感というか、退屈さを感じて少し落ち込んでました(笑)。

あーもう流されちゃった方が楽なのかなーとか、上手に友達付き合いしながら、日本人とも日本語で仲良くしながらみんなでワイワイやる方が確かに利口だよなー(笑)と。

月曜火曜は特にやばくて、いつも行ってる図書館にも行かず、部屋に篭ってNetflix見たり読書したりウジウジ一人で悩んだり。。。

でも、こっち来て少しは強くなれたんですかね。

すぐ気づきました、お前それ、違うだろうと。逃げてるだけだろうと。

上記の理由は全て言い訳、逃げるために自分が作り出した幻想に過ぎなくて、すぐ落ち込んだり自分を疑ってしまうのは、自分自身が弱いから、覚悟と努力が足らないから!!!!!

自分が本当に一番イライラしていたのは、環境にでも、授業のぬるさでも周りの奴らでもなく、そのぬるま湯に浸かっている1人に過ぎない自分に対してでした。

吉田松陰は盗んだ小舟を黒船横付けし、泳いで乗り込んでまで留学しようとした。バレたら死ぬかもしれない、殺されるかもしれない。かつて一般人が日本の外を見ようと思ったらそれだけの覚悟を、文字通り命を賭す必要があった。

現代に生きる僕たちはどうだろう?お金を払ってある程度の条件をクリアすれば留学なんて容易に出来る、これは先人から見たらどれだけ幸運なことか。それなのに俺は環境に文句を言って、ともすれば日本語でコミュニケーションのとれる人達と群れて自分からぬるま湯に浸かろうとしていた。なんてバカなんだろう。

周りのモチベーションや環境なんてそんなの自分の成長やモチベーションにはなんら関係ない。それにイライラしてしまうのは、自分の成長に集中できていない証。余裕のある証。努力しているフリをして、サボっている証。

どこにいても、どんな状況でも出来ることはあるんだ。

他人なんて本当にどうでもいい、俺は一体この国に何をしに来たんだ。

僕の大好きなColdplayとThe Chainsmokersのコラボ曲Something Just Like Thisの歌詞に

Where’d you wanna go?(君はどこに行きたいの?)
How much you wanna risk?(どれだけのリスクを取りたい?)と言う一節がある。

ここでこれらの問いにしっかり自分で答えを出さないと、この先には進めないなと確信した。

何度自問自答しても出た答えは一つ、俺は行けるところまで行きたい。

小学生のとき、親父のカメラに触らせてもらって、何度かシャッターを押した。

ちょーーーーー気持ちよかった。正直そのとき夢中になってやってた野球とか比にならないくらい面白かった。

中学生のころ、生まれ育った小さな町の小さな本屋で見つけたNational Geographic、そこには僕の知らない世界が無限に広がっていて、極東の島国を出たことのない少年を拉致して、毎月世界中を旅をさせてくれた。

高校生のとき見た映画 The Secret Life of Walter Mittyも、去年見たUnder An Arctic Skyも本当にワクワクした。

作る側に回りたいと思った。旅をして、写真を撮って、みんなをインスパイアしたいと。

心の底では、自分のやりたいことを知っていた。でも怖くて踏み出せなかった。誰にも打ち明けられなかった。否定されるのが、自分の限界を知ってしまうのが怖くて、踏み出せずにいた。

でも幸運なことに僕は一度諦めたフォトジャーナリズムという分野を、その分野で一番強いイギリスの大学で学ぼうとしている。きっとこれがラストチャンス。

何かを得ようと思ったら、何かを捨てなければならない。惜しまずに、思いっきり。

きっとこのままこの大学で、中途半端な奴らと中途半端な勉強を続けたとしても、日本に帰ったら褒めてくれる人はいるでしょう。海外の大学を卒業するってそれなりに名誉なことだし、そんなに多くの人が出来ることでもないし。

それなりに友達を作って楽しく4年間過ごして、無難に敵も作らず、死んで行く。

そして、忘れ去られる。

そんなのゼッテーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー嫌だ。

長くなりましたが、というわけで僕は全てを捨てて、英語も写真も0からもう一度学びたいと思います。

日本語で意味を調べて、単語覚えてっていうこの勉強法の先に、ネイティブと対等に議論できるような未来はないし、こっちで仕事を取れるようにもならないでしょう。

だから、バカだと思われても、狂っていると思われても、限界まで勉強して、写真撮って、人と会って、旅をする。

そうやってもっと人間くさく、小さくとも、弱くとも、あらゆる可能性を出し切り、まっすぐに、逞しく生きたいなと。流されずに、全て賭けて、世界で勝負したい。

というわけで1年後の大学選択でガチでマジの大学選べるように写真と英語頑張ります!

ではまた来週!グロスター大聖堂の話は次回また!

IMG_7098
今週はOutdoor Society(サークル的なヤツ)でハイキング行きました!
IMG_7179
イギリスいいところ!
IMG_7224
馬!

Week 3(インフル)

インフルエンザになりました。もう治ったんで問題ないのですが、これを機にイギリスの医療事情をお話しようかなと。いやーキツかった!

途中途中謎に思うことが多々あると思うのですが、最後に解説しますので読みはじめたら是非最後までお読みください!

体調不良は一切感じず眠りに就いた月曜日、夜中に異様な悪寒と息苦しさに突然目が覚め、そのままトイレで嘔吐。

そのときはまだ頭が働いてて、体冷やしすぎたのかな?とノンカフェインの熱い紅茶を一杯飲んでまた寝たのですが、その後も腹痛と悪寒に30分置きに目が覚める始末。

朝食も一切摂れず、火曜日は3コマあるのにキツいなあと思いながら何とか授業に出席すると、意識が朦朧としはじめました。

昼までに2コマ、夜から1コマの日程だったので午前中の授業が終わり次第即帰寮、購買でオレンジジュースとレッドブル買って、オレンジジュースだけ何とか流し込んで即仮眠。夜の授業は何とかレッドブルで凌ぎました。

一番キツかったこの日は、立ち上がるのもベッドで寝返りを打つのも本当に辛かったです。

諸々の課題は全て早めに片付けておいたので無事提出できまして、いやー俺結構やればできる男だなと思いました(笑)小学校から高校まで宿題なんて期日前に終わらせたことなかったのに、人って変わるもんですね。(いつまで続くかわかんないけど)

授業休めばいいじゃんと思う方もいると思うのですが、僕のマイルールで授業には100%出席するっていうのがあったんで、水曜も木曜日も良くなりつつもまだ本調子ではないなか、何とか全部出席しました。

あ、ひたすら水と紅茶飲んで寝てたら、金曜日には治りました。元気!

これが今回の顛末で、ここからが本題。何から書きましょうか。

イギリスにはNHS National Health Serviceという、第二次世界大戦後、労働党のクレメント・アトリー首相が「ゆりかごから墓場まで」のスローガンの基作り上げた医療制度がありまして、イギリス在住の税金を払っているものなら全員無料で診察が受けられます。もちろん僕も。

ただこれ、実際は破綻してまして。まず電話で予約を取らなきゃならないんですが、予約の取れる日程は1週間〜1ヶ月後でなんですよ。

いや待て待て待てと、もうその頃には治ってるか死んでるでしょって話ですよね。なので、実際にはみんな頼りにしておらず、私営の病院に行ってます。

これが基本的な医療制度で、次に風邪の対処法、文化的な違いがあります。

まず、風邪やインフルエンザでも、イギリス人は病院に行かないらしいです。

学校の留学生サポートの方に「99%インフルなので病院行きたいです」って言ったら「それ病院行く系のものじゃないよ、行くのは怪我とか、あとは緊急事態系のやつ」と訳わからないこと言われました。

なので、イギリス、インフルエンザ出席停止にならないんですよ。そもそもみんな予防接種も打たないらしいです、打つのは医療関係者とか子供やお年寄りだけ。

ちなみにマスクもどこにも売ってないし、つける文化もないです。

なので、僕が周りの人のことを考えず、出席停止を無視し、マスクも付けずに授業に出たわけではないことをここに断っておきます。出席停止も出ていなければ、マスクも売ってないだけです。文化の違い。

この国で信じられていること「たくさん水を飲み、熱いシャワーを浴びて、しっかり睡眠をとれば、風邪は治る」

みなさんどう思いますか?遅れてる?クレイジー?

僕も最初まじかよって思ったんですけど、確かに3日でほぼ完治したんですよね。

食欲はなかったんで点滴とか打ってもらえれば助かったのですが、結局余裕で治ったので、日本人は病院とか薬に頼りすぎてるのかも、とか思ったりしました。

当たり前だけど、日本にもイギリスにも素晴らしいところと同じ数だけ、おかしなところ、改善しなきゃいけないところはある。両者のいいとこ取りなんてできないわけです。

全てにおいてこれが僕の基本スタンスで、無駄に海外を美化せず、日本を卑下せず、どっちの良いところも悪いところも両者に紹介できたらなと思っております。

たまにヨーロッパを必要以上に美化する人いるんですよね。日本も全て西洋諸国の真似をしろと言わんばかりに。

アバタをエクボのままにしておきたかったら、旅を続ければいい。

しかし、信者であることを止め、それほど美しくもない姿を目にして、初めて相対化できるのだと思います。

そしてありのままを両者に伝えることが、日本への恩返し、滞在を許可してくれたイギリスへの感謝になるのかなと、漠然と思っています。

というわけで楽しく頑張ります!今回のブログは写真ないので、土曜日に行った大聖堂の写真を載せました!この話は来週書きます!ではまた!

Week 2(Cheltenham)

どもどもー、もう10月ですね。日本のみなさまいかがお過ごしでしょうか。

イメージないかもですけど、イギリスは緯度的には北海道より上なのでもう結構寒いです。(なんか毎回ブログの始まりに寒いって言ってる気がする)

昨日は街のお祭りに行ってきまして、これを機に今週はちょろっと僕の住んでる街を紹介したいと思います。(土曜日更新できなかったのはこれを書きたかったから!)

今回行ったのはCheltenham International Street Marketってやつで、隣接する2つの会場に別れて  1つはLiterature(文学)中心、もう一つは料理中心の露店が並ぶ名前の通りストリートマーケットでした。

今通ってる大学の名前はUniversity of Gloucestershire(語尾のshireは州とか県て意味)なんですけど、Gloucester(グロスター)の中心街よりもCheltenham(チェルトナム)の中心の方が近いって感じで、今のところ買い物も遊びも、もっぱらのチェルトナムで済ませてます。

会場はチェルトナムの中心街、大学から歩いて15分くらい離れたところで、友達と歩いて行きました。(ちなみに僕は大学内の寮に住んでます)

img_6649
もう完全に秋

最初はLiteratureの方をチェックしたのですが驚いたことがあって、本屋さんめっちゃ混んでるんですよ。

子供も大人も年配の方も、代わる代わる入ってきて何冊か本を購入して出ていくのをみると、ああこういうのが文化資本の高さで、その国のレベルを表すよなあと、考えずにはいられませんでした。

もし日本のお祭りに本屋さんが出店しても、こうはならないですよね。

嘆いてるわけでも見下してるわけでもなくて、僕たちは色々考えなきゃいけないなあと。

あと、いたるところに子供の遊び場やベビーカー置き場があって、車椅子の方もたくさんいました。

バリアフリーとか子連れの親御さんたちへの配慮とか、こういうところは見習っていかないとなあと。

IMG_6655

で、昼ごはんを食べにフードマーケットへ、想像してたほど国際色豊かな食べ物があったわけではなくて、結構拍子外れでした。(笑)

友達はイモと卵?と挽肉かな?を混ぜたフランス料理を食べてました。(写真1枚目)

£5(約750円)(なんなのかよく分からないんで、名前分かる人は教えて下さい)

僕はというと、写真2枚目の料理に一目惚れして即結。£6(900円)

トマトやショウガ、人参の酢漬けとクスクスの上にお肉が乗ったもので、めちゃくちゃ旨そうだったのですが、冷めててクソ不味かったです。

値段に驚いた人もいると思うんですけど、イギリス本当に物価高くて(ロンドンは特に)、モノによっては日本の2倍くらいします。特に外食。

ただ、野菜や果物、生鮮食品はそうでもないので、僕は自炊しまくってます。

そのくせ日本のファミレスチェーンを余裕で下回るご飯のまずさなので、

レストランとか行かない方がいいですよ真剣に。(笑)

いきなり愚痴っぽくなりましたけど、食事についてはあとでまとめて書きますね。(笑)

img_6666
屋台のおっちゃん。これで750円。
img_6671
見た感じだと絶対美味しいヤツですやん。不味かったけど。

 

チェルトナムは小さくて治安が良く、おしゃれで綺麗な街で、金持ち裕福な方が多いそうで、今のところはすごく気に入ってます。

最近知ったんですけど、宮川大輔がイッテQで出てたチーズ転がし祭りが毎年開催されてるのはこの街らしく、絶対出てやろうと企んでます。(笑)

今回はここまでで。実は土曜日に一度記事書いたんですが、気に入らなくて全消去して書き直しました。なので疲れちゃって、今回は短めですみません。

今週も明るくぼちぼち楽しく頑張ります!それではまた来週!

IMG_6692